HOME代表者ブログ

設計者の強みとは

構造や断熱などの住宅性能についての考え方,仕上げ材料に対する知識、デザイン力であるはずである。一方、リフォーム会社のように、設備の更新や、仕上げのやり替えといった小規模リフォームには、あまり向かないともいえる。しかし、セカンドオピニオンを求める際に、最も信頼性がもてる事業者は誰か。それは、設計者であると考えている。

 様々な相談に対して

①条件整理②複数の工務店に対して相見積もりの依頼③見積もり内容の査定と面接による工務店の選定等

少額でおこなっている。 

 当方の事務所としては、数多くの実績のある耐震補強計画の策定や、間取りの変更、水廻り(特にキッチン)の改修、工事予算の調整 に、他社とは 差別化できる強みがあると考えている。