HOME代表者ブログ

持ち家の戸建て住宅をリフォームする場合

持ち家の戸建て住宅をリフォームする場合建て替えという選択肢がつきまとう。以下の条件では、建て替えではなくリフォームも十分検討に値する。

接道条件などの法的な制約や借地のため建て替えできない。既存不適格で建て替えた  

 場合に面積が小さくなってしまうケース。

既存住宅への強い思い入れや、文化的、歴史的価値が大きいケース

地盤状況や構造などに致命的な問題がなく、リフォームのほうが費用対効果が明ら

 かに高いケース 

 構造に目を向けて,壁 床 天井や窓の断熱性を向上させながら,使い勝手やデザイン性を高めることが重要である。実際には、途中までリフォームを検討しながら,最終的には建て替えになる事例も多くある。リフォーム会社は,構造や法的な問題に対処する能力が一般的に低い場合が多い。当方の事務所としては、基本的な性能の確保を前提に、古い構造部材や仕上げなどを転用したデザインなどで付加価値を高めることが重要だと考えている。