HOME代表者ブログ

中古物件を購入する際

物件購入前に設計者に求められることは,どの程度のリフォームが可能かの展望を示すこと。既存空間の大きな特徴を捉え、クライアントの望むライフスタイルが可能かをアドバイスしたいと考えている。 

法規,耐震性能が最低限であり、最も重要な判定要素となる。確認申請書や検査済証を確認することも重要であるが、無申請の増改築を経ている場合は、違法となっている可能性が高い。また、耐震性能については、地盤沈下や基礎の傷み具合が判断の別れ目となる。昭和56年建設かどうかが分かれ目となる。

 耐震診断は、無料です。(神戸市)

 また、当方の事務所は、国土交通大臣登録 既存住宅状況調査技術者が2人おります。購入前に、主に、防水と構造体に関する調査を行い、報告書を提出する 建物インスペクション(調査)を積極的に行っております。(有料 応相談)

 現地調査では,主要構造部の状態を正確に把握する。

 設計時には、費用対効果を考えた耐震設計,断熱設計がポイントである。新築並みの性能基準に改善しようとすると,建て替えたほうが安くなる場合もある。工事では、解体して初めて見えてくる欠陥もあるので、状況にあわせてデザインや取り合い調整していく必要性がある。コストアップにつながるので、クライントとの緊密な連絡は欠かせない。