HOME代表者ブログ

防犯について

空き巣狙いによる被害が年々深刻化しています。

一戸建て住宅では、1,2階とも窓からの侵入が多いようです。ガラス破りやピッキングに5分間以上かかると、空き巣の大半は侵入を諦めると言われています。そのため、リフォームで開口部を強化して、侵入を防ぎましょう。侵入防止にはガラスを防犯合わせガラスに交換します。これは、二枚の板ガラスの間に特殊な中間膜を挟みこんだ構造で、ガラスを割ることができても、中間膜が貫通を阻止。玄関ドア脇のFIX窓や欄間なども防犯合わせガラスに交換すると安心です。網入りガラスは火災時の延焼を防ぐ機能はありますが、防犯面の効果は期待できません。

玄関、勝手口ドアは1ドア2ロックが基本

もし、玄関ドアや勝手口ドアの錠が一箇所なら補助錠を設置しましょう。また、古い錠は、どうしてもピッキングに弱い傾向にあります。錠を交換するときに目安になるのは「CP-Cマーク」です。これは、全国防犯協会連合会が耐ピッキング性能を審査して、クリアした製品に貼付されています。

 人に顔を見られたり、声をかけられたりすると、空き巣は犯行をあきらめることが多いとか。高い塀があるのなら、道路から視線が抜ける低いフェンスにするとよいでしょう。