HOMEスタッフブログ

リフォームのプランニング(間取りの変更)1

間取り変更 プランニングをする上での重要なポイントをまとめてみました。

①プランづくりでは動線を配慮に

 人が移動する軌跡を動線といいます。部屋の中をスムーズに移動するには、通路になるスペースが必要です。部屋が広くなっても、人の移動がしにくいようでは困ります。プランニングの際には、隣の部屋とのつながりも含め、動線をよく考えておくと失敗がありません。

 
②どの場所から何がみえるかといった視線計画。 
 
 広く見せるには、視線がぬけるように、開口部や家具の配置を考えておく必要がある。生活感を抑えたインテリアにするには、煩雑になりがちな部分に直接目が届かないように工夫しましょう。オープン棚は、整理整頓が得意な人にはよいのですが、使い方によっては乱雑な印象も与える。目に付く場所には扉のある収納にしたほうがすっきりします。キッチンは丸見えにならないように、腰壁やカウンター収納を設けるべき。