リフォームを神戸でお悩みなら高橋建築事務所へ

HOME > 家造りサポート事業

住まいづくりコンセプト

家族構成や将来の構成、生活スタイル、間取りや設備機器など現在の住居の不満なところ 満足しているところ、家族がどんな時間を大切にしているか どんなくらしがしたいのかの要望を列記します。また、同時に資金計画をたてます。そして、地震に強い構造計画、建物の傷み具合に対する対策、使いやすいキッチン、浴室など水廻りの計画、省エネ対策、バリアフリー対策、防犯対策、収納計画、回遊性のある動線計画、快適な室内環境を維持する設備計画、などといった機能的な事をまずは踏まえます。その上で、風や光や緑といった自然を取り入れ、四季の変化が感じることのできる庭、テラスなど屋内と屋外の空間を緩やかに繋げる空間を提案し、理想的なすまいをイメージしてもらいます。
その後は、予算枠との中で、優先順位をつけ、理想を現実にする計画をたてます。

こだわり部分が実現できれば満足のいくすまいとなります。

建築空間の設計とは、単なる空間のデザインに留まらず、その空間で、これから家族がどんな時間を大切にし、どんなくらしがしたいのかという生活と活動をイメージすることだと考えています。

既存建物の状態、予算、家族構成等、多様な条件を考慮しながら、最も重要である住み手の個性、その人が素敵だと魅力的に感じるスタイルを一緒に探し出して行くことに重点をおいています。お客様とお話しする際は、よりよい空間についてじっくり話し合い、数多くの打合せや提案を重ねます。その中で、空間のあり方についての様々なアイデアが生まれ、理想的な空間が導き出されてくるものだと考えています。

このページのトップへ

費用対効果を考えたリフォーム

リフォームが新築と違う点は沢山ありますが、一番違うことは、予算(費用)に対する考え方です。全てを高級素材で仕上げれば、かける金額に限度もありません。リフォームにどの程度の費用を掛けるのかが、お客様の考え方によってまいります。壁紙を代えるだけのリフォームから、全ての内装を取り払い、骨組み状態から始めるリフォームまで、多様なリフォームが考えられます。当事務所のリフォームの提案は、項目に優先順位をつけ、一番望ましいと思われる計画をたて、その計画に必要と思われる資金計画からはじめ、お客様のライフスタイルと、予算の両面から、費用対効果を一緒に熟考してゆきます。

このページのトップへ