耐震リフォームについてのよくある質問をご紹介します。

HOME耐震対策工事について > 耐震対策工事によくある質問

耐震対策工事によくある質問

Q.自宅が木造の長屋住宅ですが、無料で耐震診断をお願いできますか?
A.一棟の所有者(家主)がお一人であればその所有者の申込みで、一棟の所有者が複数の場合は申込者以外の所有者の署名・捺印をいただいたうえで実施することが出来ます。
Q.耐震リフォーム工事は、生活しながら工事をすることは可能ですか?
A.居住している住宅で工事を行う場合、工事期間中の仮住まいの準備や引越しなどの困難などを考えると、実際には施工業者は施主と相談をしながら、1階に住みながら2階を工事し、その後完成した2階に住みながら1階を工事するなど、工事方法を工夫することが多いと言えます。
生活しながらの工事についてよく話をしてから契約を結ぶのがよいと思われます。
Q.耐震リフォーム工事は家全体を改修しなければいけませんか?
A.耐震リフォーム工事では、耐震診断によって判明した建物の弱点や古い設計基準による建物のバランスの悪さなどを改善することが重要です。
したがって、必ずしも家全体を改修する必要はありません。
現在の建物の弱点等を把握した上で、当事務所と今後の建物の使い方をよく相談して、必要最小限の補強工事をすることが出来ます。
Q.耐震リフォーム工事はどの程度費用がかかりますか?
耐震診断の結果が悪かったので、耐震リフォーム工事を考えています。一般的にどの程度費用がかかりますか。
A.神戸市内で行われた実績では、兵庫県等の定める補助基準に適合する耐震リフォーム工事の工事費の平均は、補強部分だけで約160万円となっています。
しかし実際の工事では、風呂や台所などの水廻りや外壁のリフォーム工事と一緒に耐震補強工事を行う例が多いです。そのため全体の工事費は、一緒に行うリフォーム工事の内容によって、数十万円から数百万円まで大きな幅があるようです。
Q.費用をかけない地震対策はありませんか?
高齢で年金暮らしです。耐震リフォーム工事を行うお金がないのですが、費用をかけずに地震に備える方法はありませんか。
A.お住まいが昭和56年以前(旧耐震基準)の建物である場合、神戸市による補助制度で、無料の耐震診断を受診することが出来ます。
まずはこの無料診断を受けて、お住まいになっている建物の弱点や補強にかかる費用、助成制度などについて、当事務所から正しい建物の状態の説明を受けることをお勧めします。
Q.耐震構造とは、どんな構造ですか。「耐震構造」とは、具体的にはどんな構造ですか。
A.建物を頑丈にして、地震で揺れないようにする構造です。
耐震構造とは、建物を頑丈な造りにすることにより、地震によって倒壊しないようにする構造のことで、具体的には建物の壁を十分な強度と量で配置し、必要に応じて斜め材(筋交い)も取り付けたりして、地震の揺れに対して建物自体で耐えるという構造です。
地震の揺れを防ぐような特別な装置(免震装置や制震装置)は使わないため、費用の面でも安くすみます。ただし、地震の揺れが建物にそのまま伝わるので、室内の家具固定も合わせて行うと効果的です。
1981年(昭和56年)建築基準法等の改正により、新耐震設計基準が採用されるようになったため、それ以前の旧耐震基準の建物に比べ、新耐震基準による建物はより安全性が高いと言えます。
Q.神戸市の耐震補強工事費補助の対象になるのはどんな住宅ですか?
A.以下の要件を満たしたものが対象です。

一般的に多い「一般型」耐震リフォームの補助の対象となるのは、下記(1)(2)(3)すべてを満たす住宅です。

  1. (1)昭和56年5月31日以前に着工された住宅
  2. (2)改修前の耐震診断の結果、木造住宅は評点が1.0未満のもの
  3. (3)違反建築物に対する措置が命じられていないもの

【対象工事】下記のいずれかの内容の工事

  1. (1)屋根の軽量化
     「非常に重い屋根」を「重い屋根」又は「軽い屋根」に葺き替える屋根の軽量化工事
  2. (2)1階四隅への耐震壁設置
     1階の四隅(出隅部)の両方向の壁を、各半間以上、壁強さ倍5.2kn/m以上の壁で補強を行う工事
  3. (3) 1階出隅部の柱頭・柱脚接合部補強
     1階四隅(出隅部)の柱頭および柱脚において、15knの引き抜きに耐えられるように金物等で接合部補強を行う工事